MENU

ニキビのための洗顔料を選ぶポイントは?

 

 

顔中に広がる、思春期ニキビ。学校で、じろじろ見られるの嫌だし、冷やかされたりなんてしようものなら、もう行きたくなくなってしまいますよね。

 

 

「ニキビ専用の洗顔料を使っても効かないし、頑張ってたくさん洗っても治らない。」

 

 

「もう、ダメだぁ?」と、諦めていませんか?実は、あなたの洗顔、間違っているかもしれません。

 

 

でも、大丈夫ですよ。正しい洗顔料で、正しい洗顔をすれば、あなたのニキビはきっと治ります!

 

では、まず正しい洗顔料を選ぶ時のポイントをあげていきますね。

 

 

 

低刺激性のお肌に優しい薬用の洗顔料を選ぶ

 

中高生の思春期ニキビは、大量の皮脂が原因になっているため、顔が脂っぽくなってしまいますよね。

 

「このテカり、全部取ってしまいたい!」と、アクネ菌ごとたくさんの皮脂を取り除いてしまうような、洗浄力が高い洗顔料を選んでしまっていませんか?

 

 

実は、このような洗顔料を選ぶと、お肌にとって必要な皮脂まで取ってしまい、ニキビをさらに悪化させてしまうのです。

 

大切なのは、低刺激性のお肌に優しい薬用の洗顔料を選ぶことなんです。

 

 

 

アクネ菌を取り除いて皮脂量を整えてくれるもの

 

お肌に優しいと言ってもやはり、ニキビに効く作用がある洗顔料でなければ、ニキビは治りませんよね。

 

そこで、2つ目のポイントです。

 

ニキビの原因菌である、アクネ菌を取り除いて皮脂量を整えてくれるものであるかどうか、確認しましょう。

 

この、皮脂量を整えてくれるかどうかが重要ポイントです。必要な皮脂は残してくれる、そんな洗顔料を選びましょう。

 

 

 

毛穴の汚れを取り除き保湿が十分なもの

 

ニキビの原因である毛穴の汚れ、これも取り除かなければニキビは治りません。

 

3つ目のポイントは、毛穴汚れもスッキリ取ってくれて、尚且つ乾燥し過ぎないように潤い成分が入っているかです!

 

この保湿成分も入っているかがポイントです!潤いまで取ってしまって、乾燥させてしまったら、ニキビを悪化させてしまいますからね。

 

 

 

 

以上の3つのポイントを踏まえて、正しい洗顔料を選びましょう。

 

この正しい洗顔料で、洗いすぎないように正しいスキンケアをすることも加えて重要なポイントですよ!

 

地道に続けて、大嫌いなニキビに今度こそおさらばしましょう!

 

 

このページの先頭へ